奈良 耳成 生涯学習 耳成地域学級 <みみなし学級>

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



耳成ってどこなの?

耳成地域は橿原市の北東部にあたり、北を磯城郡田原本町、東を桜井市に接しています。

人口は約27,000人、10,000を越える世帯が居住しており(平成20年1月現在)、

万葉集に詠われている耳成山や坪井遺跡等がある歴史的な地域です。

かつては1つの小学校区でしたが、宅地開発に伴う人口増加とともに

耳成、耳成西、耳成南の3つの校区に分かれ、それぞれが様々な様相をもつようになりました。

旧村では今なお伝統的な祭りが催され、ボランティア活動が活発だったり、

住民間のコミュニケーションが良好な地区が見られる一方で、

近隣との人間関係や生活環境への不安・不満が強い地区も見られます。  

みみなし地域学級ではこうした地域の現状を踏まえ、

住民がわがまちを再発見し、連携を深めていくための活動に取り組んでいます。

橿原市の最新の人口 <クリック>

耳成地域の町名一覧 <町名由来> (順不同)

出典:橿原市ホームページ かしはら町名考より
http://www2.city.kashihara.nara.jp/cyomei/index.html
常盤町
ときわちょう
石原田町
いしはらだちょう
山之坊町
やまのぼうちょう
上品寺
じょうぼんじちょう
新口町
にのくちちょう
西新堂町
にししんどうちょう
十市町
とおいちちょう
葛本町
くずもとちょう
新賀町
しんがちょう
東竹田町
ひがしたけだちょう
中町
なかちょう
木原町
きはらちょう
太田市町
おだいちちょう

町名をクリックして由来をご覧いただくには
Adobe Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてからご覧ください。
なお、各町名ファイルは、1ファイル400〜500KBのサイズです。


地域学級って?どんな事をしているの?

地域学級とは…
豊かな地域づくりに向けて、住民一人一人が地域の一員として主体的に参画し、
地域の課題解決や地域 価値の向上を目指して開催する生涯学習の場です。
 


これから世の中は社会的・経済的に成熟する中で、少子高齢化や環境問題、
まちの安全といった様々な問題が生じています。これらの問題は、
公害などの大規模な組織によるものとは異なり、住民との直接の関係が深い問題です。
介護保険や健康保険、年金、税金制度など、様々な制度が目まぐるしく変化しています。
このような急速な変化に対し、情報を正しく把握することが難しくなっています。



これらの社会的な変化に対して、住民間の繋がりが緊密であれば、
協力して地域の問題に立ち向かったり、 互いに教えあったりすることができます。
しかし、現在では給食費・保育費の未納に代表される規範意識の崩壊や自己中心主義の浸透、
就業形態の 多様化や集合住宅の増加による接触機会の減少など、
住民間の繋がりの希薄化が叫ばれています。

今こそ地域学級・地域学習の必要があるのではないでしょうか?

地域学級が取り組む3つのポイント

ポイント1
 住民間のつながり

昔に比べて、あなたの身の周りの
様子をどう感じますか?
近所付き合いの希薄化や
「不審者」という言葉の定着・・・
今、住民間の繋がりが
揺らいでいます。


みみなし地域学級をはじめとした橿原市地域学級は地域のいろんな年代、経験者のかたが共に学び合い 地域の繋がりの再生に取り組んでいます。

ポイント2
 地域力の強化

もしも大規模な災害や問題が
起こってしまったら・・・
住民間の繋がりが希薄になる中で、
地域の持つ力が失われています。


阪神淡路大震災の際、救助された方の実に78%が近隣住民の手によって救出されたと言われます。災害の発生や地域の様々な課題に対して、最も効果を持つのは地域住民の結束した 力です。住民一人一人が学習し、手を取り合っていくことが重要です。みみなし地域学級をはじめとした橿原市地域学級は地域課題に関する学習を通して地域力の強化を目指します!

ポイント3
 豊かな地域作り

地域行事の減少や外で遊ぶ
子どもを見かけない街・・・
住民間の繋がりが揺らぎ、
地域力が薄れる中で
地域から活力が失われています。


みみなし地域学級をはじめとした橿原市地域学級は
自分たちの地域について 知る事で豊かな地域の実現に向けた
きっかけ作りを行っています




Copyright (C) MIMINASHI Gakkyuu.
All rights reserved.