奈良 耳成 生涯学習 耳成地域学級 <みみなし学級>

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



わたしたちみみなし学級は勉強会や独自の調査のなかで、
すばらしい活動やイベントを行っている団体が
この耳成地域にもたくさんある事が分かりました。
つきましては、調査報告も兼ねまして、ご紹介したいと思いますので、
興味のある方はどんどん参加してくださいね!!
そしてそれが、耳成地域の活性化に繋がればこんなに嬉しい事はありません。

↓↓↓調べたいカテゴリーをクリックして下さい。↓↓↓
各自治会の活動
安全・福祉
ボランティア・
サークル活動
子ども文庫
育児サークル
少年野球
青少年育成

みみなしのいろいろな活動紹介

耳成小学校区地域福祉推進委員会では、『3374(みみなし)通信』という 機関誌を発行しておられます。ここでは、この機関誌に掲載された各自治会の様 子を中心にお伝えします。一部の自治会に限られておりますので、取り上げられ ていない自治会についての情報をぜひお寄せください。お待ちしています!
各自治会の活動
◇十市町自治会◇新賀町自治会◇新賀町新地自治会◇箱塚荘苑自治会◇葛美住宅自治会◇東竹田町自治会◇中町自治会(本村)◇新中町自治会(積水団地)◇常盤町自治会



◇十市町自治会
○4月3日、秋祭りで地元を巡行している「だんじり」(7台のうち2台)が、 神武祭の橿原神宮前パレードに参加しました。この2台のだんじりは明治初期に 作られたものです。秋祭りについても、江戸時代中期ころから十市御縣坐神社で 行われている伝統ある祭事です。地元住民の結束を図る点で、このだんじりが果 たす役割は大きいといえるでしょう。 (耳成小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』創刊号(2006.5)より)
○19年度、最初の子ども会の行事は1年生を迎える会です。5月20日、新1 年生7人を含む40人が参加しました。まず、午前中は映画鑑賞に出かけました 。 午後からは公民館に戻って昼食をいただき、ここからが1年生を迎える会の始ま りです。まずは、7人の新1年生の子どもたちを紹介していきました。今年の1 年生は全員が男の子です。みんな名前を呼ばれると元気よく返事をして舞台に上 がります。そして5、6年生の女の子達から、メッセージ入りのメダルをかけて もらうと、みんなうれしそうにメダルを眺めていました。その後、全員でゲーム を楽しんで会を終わりました。私たち役員にとっても初めての行事でしたので、 みんなが楽しそうに帰っていく姿を見てとてもうれしい気持ちになりました。
○6月23日、橿原市子ども会連合会のドッヂボール大会に31名が参加しまし た。十市子ども会では毎年参加させていただいていて、楽しみにしてくれている 子どもたちが多い人気の行事でもあります。今年は1、2年生の低学年から1チ ーム、3年生以上の高学年から2チームの参加となりました。普段は学年が違っ ていて交流の少ない子どもたちも、このときばかりは全員が一丸となって一生懸 命にプレーします。そんな子どもたちを目の前にして、役員達の応援にも力が入 ります。結果は、低学年は見事優勝、そして高学年チームも準優勝と素晴らしい 成績でした。みんな本当によく頑張りました。お疲れさまでした。
(耳成小学校 区地域福祉推進委員会『3374通信』第3号(2008.2)より)


◇新賀町自治会  
平安・室町の時代に発祥したと言われている「日待ち」とは庶民の祭りで、あ る場所に集まり夜もすがら忌みごもりなどをして宵越しで日の出を拝した行事で した。石神信仰では修験者が太陰暦の陰陽道の上に立ち、庶民の人体に棲む三尸 (さんし)が夜中に抜けだして天帝に告げ、己の寿命や運命が決まるのを防ぐ為 に夜明かししたようです。祭りとは、神のそばに仕え神の食事に相伴することで あり、神饌(しんせん)と直会(なおらえ)と言われています。また日待塔(石 塚)、庚申塔等の上部や神社の灯籠に日輪、月輪が彫られているのがそうです。 民衆や農民の最大の願いは「日月清明・風雨順時・五穀豊穣・天下太平・無病息 災」です。  そのうちに、村には家代々の親しい人が仲間になり観音講や庚申講などの寄り 合いができて、順まわりに宿をして神を祀るようにもなりました。聞くところで は、旧十市郡耳成村新賀(現新賀町)でも市杵島神社近くにわらムシロを強いて 夕げで暑く暗いなか、灯明やローソクの明かりでありったけのご馳走を作って、 村人達は夜明けまで酒盛りに興じていたそうです。現在では青壮年会が世話方と なり、秋祭りと同様に毎年8月6日頃、町の行事でもある「門日待ち」に子供会 を招待しています。焼きそば・お肉を焼いて皆の健康増を図ると共に信仰を深め ています。  江戸時代から続いている新賀の伝統行事を守り続けて五穀豊穣・無病災を祈願 し、子どもたちが大人になっても良き故郷の思い出として心に残るよう役員一同 願っています。
(耳成小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』第3号 (2008.2)より)
○10月7・8日、伝統の秋祭りに、大人200人、子ども180人が参加しました。宵宮では山車3台を新賀町中引き廻し、おでんの夕食やビンゴゲームのほか、夜店 も出ました。祭り当日は山車の引き廻しのあと昼食はカレーライス、さらにカラ オケ大会やくじ引き等の余興があり、両日とも新賀町民が参加して楽しく開催し ました。
○新賀町の氏神の由来  平安末期に編集された歴史書『扶桑略記』によると、藤原京には市が2ヶ所立 って中ツ道、下ツ道が縦に走り、横大路との交差点の北西が現在の新賀に位置し ます。持統三年(689年)頃には存在していたとあります。  市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祭神とする市杵島神社は水上交通の 守護神で、近くを流れる米川、銭川は合流して大和川に注いでいます。川は藤原 京の重要な物資運搬のための経路であり、交通の要となっていました。
(耳成小 学校区地域福祉推進委員会『3374通信』第2号(2007.2)より)
◇新賀町新地自治会
新賀新地自治会では交通安全を願って、4月より毎月、自治委員・班長等30人 を3グループに分け、耳成小学校児童の下校指導を行っています。すると、「た だいま」「こんにちは」と子ども達は口々にあいさつをしてくれます。「おかえり、気をつけて帰りや…」とこちらも言葉を返し、にぎやかに帰って行く子 ども達を見守っています。
(耳成小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』 第2号(2007.2)より)
◇箱塚荘苑自治会
橿原市の最北端部に位置する自治会ですが、道路幅も広く閑静な住宅地です。 春や秋には野鳥のさえずり、夏は蝉の声と、なかなか優雅な場所でもあります。  昨年、我が自治会は創設30周年を迎えました。これを記念して「慶祝タオル」 を別注し、近隣の関係諸機関に配布、広くPRをさせていただきました。また、自 治会として慶祝の納涼祭を開催し、市長ご夫妻や近隣の関係諸氏をもお招きして 盛大に祝福させていただきました。  また、今年の夏は信貴山観光ホテルにおいて、自治会員同士の「ふれあい交流 と親睦」を目的とした納涼日帰りバスツアー、ご馳走を食べよう会を計画し、大 勢の参加者を得て楽しく有意義な一日を過ごしました。  近隣から、よくまとまった自治会であるとお褒めのお言葉を頂戴いたしており ますことに深く感謝を申し上げ、弊自治会の紹介とさせていただきます。
(耳成 小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』第2号(2007.2)より)
◇葛美住宅自治会
葛美子ども会では、4月に進級のお祝いと親睦をかねてボーリング大会を行い ました。学年と女の子の4チームに分かれ、低学年の子どもたちも楽しめるよう ガータ止めをしました。みんな元気いっぱい投球して、楽しんでくれたのではな いかと思います。
(耳成小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』第3号 (2008.2)より)




◇東竹田町自治会
○10月22日、子ども会と壮年会共催による秋祭りが行われました。子どもたちに よる舞楽奉納に始まり、壮年会会員による模擬店・太鼓台巡行・ゲ−ム大会・ク イズ大会、そして最後に恒例の、参加者全員に賞品が当たるビンゴゲ−ムなど盛 りだくさんの内容でした。  なかでも舞楽奉納は、毎日、練習に練習を重ねて当日披露してくれた子ども達 の努力と、指導に尽力して頂いた、東竹田町憶年寺住職・千葉氏の熱意の賜であ り、本当に素晴らしいものでした。数年前より続いているこの舞楽、のちの子ど も達にも是非続けて欲しいものです。
(耳成小学校区地域福祉推進委員会『33 74通信』第2号(2007.2)より)
○東竹田町子ども会では、今年から美化運動の一環として、カン・ゴミ拾いを実 施しています。5年間実施する予定で、第一回目は5月12日に行いました。班 に分かれて、子どもたちが1時間ほど作業を行いました。普段は気づきませんが 、 よく見るとあちらこちらにカンや吸いがらが落ちていました。ゴミを見つけると 、 子どもたちが進んで拾っている姿が見られました。作業を終えて、きれいになっ た喜びややり終えた達成感もあり、子どもたちと環境について考えるよい機会と なりました。
(耳成小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』第3号(2008. 2)より)


◇中町自治会(本村)
地域住民の親睦とふれあい・交流を目的とした大きな行事は秋祭りです。自治 会、福寿会(老人会)、婦人会、壮年会および子供会が連携・工夫し、毎年盛大 に行われています。太鼓台の町内巡行、餅つき大会、模擬店、カラオケ大会、お 楽しみ抽選会等々みんなが楽しく参加できるため、地域福祉に大いに寄与してい ます。この秋祭りは先輩方が地域の活性化及び子どもみんなが楽しめるようにと、昭 和57年に太鼓台の町内巡行を取り入れて始めていただいたものです。また、七夕まつりは子ども会が毎年8月6日に、竹の枝に五穀豊穣や無病息災 のお願いを書いた短冊や千代紙を飾り、夕方から宮籠りで食事をする風習が今も続いています。
(耳成小学校区地域福祉推進委員会『3374通信』第3号 (2008.2)より)


◇新中町自治会(積水団地)
○第2回新中町燈花会を夏休みに開催しました。今年は、サラダ油を利用したほ のぼのあかりで公園のフェンスに二上山を形取ったり、子ども会が中心となって ペットボトルを再利用した燈火器で飛行機を浮かび上がらせたりしました。この 他、フォークダンスや花火をして夏の夕涼みを楽しみました。
(耳成小学校区地 域福祉推進委員会『3374通信』第3号(2008.2)より)
○新中町防災会では、防災・防犯をキーワードにしてコミュニティの活性化を目 指しています。春は日本赤十字社奈良支局から講師を招いて救護訓練、夏は自治 会と協力して防災用ほのぼのあかりによる燈花会、秋は防災訓練(炊き出しと消 火)を実施。その他、知って得する講座「防災に活かす知恵と心構え」を年5回 開催してきました。ハード面の整備ではなくソフトな活動を重視しており、燈花 会や防災通信の発行、防災士による講座を開講、インターネット(ブログ)で情報発信しています。
http://blog.goo.ne.jp/newnakamachi-b
◇常盤町自治会
連碑祭(3月15日)〜芝村騒動ゆかりの行事〜常盤町では、江戸時代の芝村騒動で犠牲になられた方々の功績を尊んで春日神 社に碑を建立し、毎年3月15日に連碑祭を行っています。江戸時代、十市郡葛本村を中心に常盤、新賀、膳夫など九村で宝暦3年(1753)に百姓一揆が起 こり、世に十市騒動とか芝村騒動と呼ばれるようになりました。当時、この地域 は芝村藩の預かり所となっていましたが、農作物などの過酷な取り立てにたまり かねた農民たちが、常盤村庄屋彦市、葛本村庄屋藤本小左衛門らを中心に200 名ほどが京都奉行所に窮状を直訴するに及びました。この騒動で年貢は減ったも のの、幕府は徒党組み強訴したと関係者200人を江戸に呼び出し、取り調べ ました。結局、牢死者38人、死罪1人、遠島4人、追放32人を出すという悲しい顛末となったのです。また、大きな行事としては秋まつりがあります。平成19年には10月7日に、子ども会、みどり会(老人会)、婦人会、壮年会が協力して盛大に行われました 。子どもたちが神輿をかついで町内を巡行したあと、おでん、焼きそば、フランクフルト、わたがしなどの模擬店と、ゲーム、抽選会が行われました。多くの人が参加して、楽しい思い出の1日となりました。



各校区での地域福祉の取り組み状況については、橿原市社会福祉協議会のHPを参照してください。
http://www5.ocn.ne.jp/~k-ikiiki/kouku.htm
安全・福祉
◇橿原市消防団第4分団◇地域安全推進委員葛本支部◇耳成地区更生保護女性会◇耳成小学校区地域福祉推進委員会◇耳成南小学校区地域福祉推進委員会「耳成南・地域福祉の会」◇耳成西小学校区地域福祉推進委員会「耳成西かがやき会」

◇橿原市消防団第4分団
消防団は地域に最も密着した防災機関として、即時大量動員力等の特性を活かし 、 消防署と密接な連携を図りながら、火災の警戒や鎮圧、各種災害の防除等の活動 を行うとともに、火災予防の啓蒙普及活動に努めています。分団員は25人で、 消防ポンプ自動車1台を有しています(十市町8番地)。 平成18年度中の橿原市消防団(9個分団)の出動回数は、30回でした。橿原 市消防団は総団員数253人、消防ポンプ車9台で、ポンプ車を有し火災等の現場に出動する第1分団から第9分団までと、女性団員のみの第10分団で構成さ れています。

連絡先:第4分団長 西岡秀吾(十市町809番地)
◇地域安全推進委員葛本支部
太田市、葛本、十市、中町、西新堂、新口、東竹田の7町に48人の委員がおり 、 地域安全連絡所の表示板を掲げています。地域安全推進委員は地域内の住民、自 治会、事業所、各種地域安全ボランティアをはじめ、市、警察等関係機関・団体 と緊密に連携して、地域における安全活動の核となって自主的かつ実践的な安全 活動や犯罪(事故)に強いまちづくり活動の促進に努めています。具体的には、 1)地域住民の防犯に関する指導及び相談、2)防犯座談会等の開催、地域安全 ニュース等各種防犯広報資料の配布等地域住民の防犯意識を高めるための方向活 動、3)防犯パトロールの実施及び危険箇所点検・改善活動などを行います。 奈良県防犯協会の下部組織である橿原防犯協議会の下、橿原警察署の交番・駐在 所の所管区単位に15支部があります。委員の任期は2年。葛本支部では制服・ 制帽・腕章を作り、4ブロックに分けて8班を編成(1班6人)、月4回夕暮れ 時に担当区内をパトロールしています。石原田、木原、常磐、山之坊については 香久山支部、上品寺、新賀については近鉄八木駅前支部の担当区域になっていま す。

連絡先:葛本支部長 上田嘉継(葛本町554番地)
◇耳成地区更生保護女性会
更生保護女性会は地域社会から非行や犯罪をなくし、過ちに陥った人の立ち直り を支援する全国組織の女性ボランティア団体です。耳成地区を南部・北部・西部 (小学校区別)に分けて担当し、会員は3地区で50人います。1)犯罪や非行 のない明るい地域社会を目指し、「社会を明るくする運動への参加」、「身近な 社会のあり方や非行問題、その他いろいろな問題について話し合うミニ集会の開 催」、「地域社会の教育力向上を願い、若いお父さんやお母さんの子育てを支援 する活動」の推進、2)更生保護施設・矯正施設に対する援助・協力、3)保護 司活動・BBS活動との連携・協力といった幅広い活動を展開しています。

連絡先:南部地区代表 辻恵美子(木原町299番地)



◇寺川わんわんパトロール隊
ボランティア・
サークル活動




↑クリックで大きくなります
◇寺川わんわんパトロール隊
現在のところ隊員は、寺川流域とその周辺の愛犬家61人と71頭のワンちゃん たちです。地域内のパトロール活動(腕章を着用して散歩)を行うなかで、地域 の子どもたちに積極的に声をかけ、身近に発生する各種犯罪等の未然防止を図っ ています。また、愛犬の糞を持ち帰ることを自ら徹底することで、愛犬のマナー 向上と街の美化を目指しています。年2回の寺川沿いのゴミ拾い(2007年2月に は約1トンのゴミを収集)のほか、毎月11日(わんわんの日)には各自が散歩 コースのゴミを拾っています。 2006年11月26日の発足式後半年間で、橿原署での年末特別警戒隊出発式 、 わんわんクリーンデー等々、各紙の地域版に5回も掲載されました。地域の方か ら、街がきれいになった、夕暮れ時に腕章を付けた隊員をみると安心する、との 声が寄せられています。

HP:http://ameblo.jp/terakawa-1010/



◇橿原文庫連絡会ホームページ
http://www41.tok2.com/home/kashiharabunko/#label02
子ども文庫
◇絵本のひろば・みみなし文庫  ◇どんぐり文庫  ◇いこい文庫



◇絵本のひろば・みみなし文庫
コープみみなし2階第4研修室にて、毎週土曜日午後1:30〜3:30まで本 の貸し出しを行っています。(1人5冊まで、1〜2週間程度。)第1土曜日に は3時からおはなし会を開き、他に折り紙や紙芝居もあります。七夕やクリスマ のおはなし会には、子ども達も参加して楽しみます。赤ちゃん向けの本もあり、 子どもやお母さん達のふれ合いの場にもなっています。地域で30数年、場所を 移動しながら活動を続けてきたグループで、現在の世話人は13人、会員は約6 0人。時代に応じて子どもや親の状況・ニーズに違いはありますが、変化に対応 しながら子ども達と本との楽しい出会いを願って活動を続けています。

連絡先:勝井(tel.24−0443)
◇どんぐり文庫
毎週水曜日2時〜4時、耳成地区公民館にて本の貸し出しと時折おはなし会を開 いています。(祝日と長期休暇中はお休みです。)子ども会の役員さんがお世話 をしてくださり、お母さん同士の交流の場ともなっています。子どもたちは落ち 着いてゆっくりと本を選んでいますよ。

連絡先:石川恵美子(tel.23−9522)
◇いこい文庫(大人向け)
一般家庭の一部屋で、毎週水曜日13時〜17時に本の貸し出しをしています。利用 者は20〜30人で、2ヶ月に1回市立図書館の本も届きますが、常設の本もか なりあります。隣の部屋で手芸教室も開かれていて、お茶を飲みながらおしゃべ りを楽しんでいます。どなたでもお気軽にご利用ください。

連絡先:松下(木原町407−16 tel.24−5863)



子育て真っ最中のママたちによる自主グループ 橿原市内育児サークル一覧 
http://www.city.kashihara.nara.jp/syakyo/hothot/07.pdf
連絡先:橿原市役所健康増進課(tel.22−8331 )
育児サークル
◇サークルぽっぽ ◇ぴーくらぶ ◇すくすく ◇ならコープ子育てひろば

◇サークルぽっぽ
1才からの未就園児とその保護者が対象で、親子体操、手遊び、創作遊び、絵本 の読み聞かせ、遠足、クリスマス会、お別れ会などをやっています。 毎月第1、第3水曜日の10時から12時まで、会費は1回100円です。興味 のある方はぜひ1度、耳成地区公民館(2階)まで見学にきてください。
◇ぴーくらぶ
多地区公民館で月2回火曜日、耳成西校区にお住まいの未就園児を対象に親子で 活動しています。活動内容は、白玉だんご作り、クリスマス、ハロウィン仮装パ ーティ、シャボン玉、工作、保育士さんを招いての親子遊び、公園での外遊びな ど。自分たちで企画、運営し、ワイワイ楽しんでいます。遊びを通して子どもた ちと親たちが一緒に楽しめ、交流できる場になればと考えています。 公民館での活動の日は、1回100円の会費を集めています。一歳半からの未就 園児を対象としていますが、一緒に参加されるご兄弟については一歳半未満でも 大丈夫です。
◇すくすく
原則として月2回、10時から12時まで、コープみみなし(2F)にて未就園児と その保護者で活動しています。廃材を使った工作や親子体操、絵本の読み聞かせ 、 また、七夕会やクリスマス会といった季節の行事や、遠足、苺狩り等の外遊びを 多く取り入れ、親子で楽しく過ごすことをねらいとして活動しています。 私たちの想い:子どもの数が減り、遊びを知らない世代が親となり子育てをして います。また、核家族が多くなり、近所付き合いも希薄になりつつあるなか、子 ども同士のつながりの場や親のコミュニケーションの場が少なくなっています。 サークル活動が、このような現状を解消する場になって欲しいと願っています。 また、最近はものがあふれ、お金さえ出せば何でも手に入れることができる時代 です。しかし、完成されたおもちゃよりも、身近にあるもので創造性を高め楽し めることを知ってもらえたらと思います。

◇ならコープ子育てひろば
あっぷっぷ コープみみなし2階集会室にて、毎月第1、第3木曜日の10:30〜14:00に開かれ ています。誰でも自由に参加でき、毎回、15〜30組の親子が公園感覚で利用 しています。親同士、子ども同士、絵本を読んだり手作りおもちゃで遊んだりし ています。コープから毎回担当者が来られますが、幼児教室のような指導はあり ません。1回につき参加費100円。

連絡先:ならコープ組合員活動課0742-34-8735、コープ広報CSR企画課0742- 35-1183

HP:http://www.naracoop.or.jp/katudou/kosodate_hiroba.htm



耳成地区には6つのチームがあり、どこも橿原市軟式少年野球連合会に所属しています。
(1.部員数、2.活動日、3.ホームグラウンド、4.コメントの順に記載してありま す。)
少年野球
◇葛本ワルサーズ◇耳成オックス◇リトルファイターズ◇常磐ヤンチャーズ◇耳成南ウインズ◇耳成ウエスターズ

◇葛本ワルサーズ
部員数:27名(耳成小学校区の小学生)
所属:橿原市軟式少年野球連合会
活動日:毎週土・日および祝日
ホームグラウンド:
コメント:公式戦での優勝を目指し、毎週、頑張っています。僕たちと一緒に楽 しく野球をやりませんか。一度、グランドに来て下さい。
◇耳成オックス
部員数:20人(耳成小学校区の小学生)
所属:橿原市軟式少年野球連合会
活動日:土日祝
ホームグラウンド:耳成小学校グランド
コメント:「一人はみんなの為に みんなは一人の為に」を合言葉に、野球を通 じて思いやりや優しさ、助け合う事の大事さを教えていきたいと思っています。
◇リトルファイターズ
部員数:20人(耳成小学校区の小学生)
所属:橿原市軟式少年野球連合会
活動日:土日祝
ホームグランド:市民グランド(中和幹線沿いのヤマダ電機の向かいです。)
コメント:「厳しく、楽しく」をモットーに、県大会出場を目標に日々練習に励 んでいます。
※いつでも体験入部可能です。一度グランドに来てください。
◇常盤ヤンチャーズ
部員数:27名(耳成南小学校区の小学生) 所属:橿原市軟式少年野球連合会
活動日&ホームグランド:
土曜日・・・木原グランド(耳成山の南側) 日曜日、祝日・・・耳成南小学校(北面)
コメント:野球の大好きな小学生達が、打って走って白球を追いかけ、礼儀正し いチーム作りをモットーに、元気に活動しています。
◇耳成南ウインズ
部員数:20名(耳成南小学校区の小学生)
所属:橿原市軟式少年野球連合会
活動日:日祝
ホームグランド:耳成南小学校南面
コメント:野球の大好きな子供達が集まって、毎週日曜日に楽しく練習をしてい ます。市の大会では準優勝が最高成績なので、初優勝を目指してがんばっていま す。
◇耳成ウエスターズ
部員数:26名(耳成西小学校区の小学生) 所属:橿原市軟式少年野球連合会
活動日:土日祝
ホームグランド:耳成西小学校
コメント:「文武両道」をモットーに、チーム一丸となり常に勝利を目指し、厳しい練習に日々励んでいます。
※体験入部募集中!
http://x7net.com/~westers/



◇日本ボーイスカウト奈良県連盟 橿原第9団◇八木FC(八木フットボールクラブ)
青少年育成

◇日本ボーイスカウト奈良県連盟
橿原第9団 耳成山の麓(木原町)にある専用ハウスを拠点とし、耳成小・耳成南小・耳成西 小校区を中心に、指導者・スカウト(幼稚園年長から大学生)が総勢約90人。 野外を中心に様々な活動を行っています。 ボーイスカウトは、幼児期から青年期にわたる各年齢層に応じて5つの部門より 構成されています。学校教育では体験できない大自然を教場とし、各部門のカリ キュラムを展開しています。地域社会での社会奉仕体験や自然体験を提供するこ とにより、青少年の健全な心と体の育成に貢献できればと思っています。具体的 には、キャンプ、ハイキング、登山、スキー、募金活動、工作、餅つき、清掃活 動、奉仕活動、国際交流・国際協力(海外派遣)などを行っています。 ボーイスカウト運動は世界三大青少年団体の一つで、イギリスで始まり、今年で 創始100年を迎えました。現在、155カ国に加盟員が約2800万人おり、日 本では約18万人が活動しています。都道府県それぞれに県連盟があり、奈良県 は4地区で構成され、約4000人のスカウトがいます。幼稚園年長〜大学生・ 成人までの男女が随時入団できます。(体験会も実施中。)

連絡先:橿原第9団事務局(tel.: 29−4110) HP:http://www.goo-ad.co.jp/boy/
◇八木FC(八木フットボールクラブ)
1年生〜6年生約80名からなる少年サッカー・チーム。監督1名とコーチは6 名。耳成南小学校、耳成小学校、耳成児童公園、耳成山公園、曽我川緑地公園の 各グランドで練習しています。 「あわてず、あせらず、あきらめず」をスローガンに低学年ではサッカーを好き になり自分でやろうとする気持ちを高めながら、中学年では個々の基本技術を重 点的に、高学年では精神面や集団の中の1人としての指導も含めて、サッカーの 普及活動に取り組んでいます。具体的には、試合や遠征、合宿など。また、サッ カーの楽しさを伝えるだけでなく、サッカーを通じて豊かな人間形成を促し、礼 儀やスポーツマン精神の育成を目指しています。 バザーやクリスマス会など、保護者も含めて親睦を深める行事も行っています。 監督・コーチと選手との名信頼関係は厚く、卒団生がコーチとして戻ってくるな ど、中学・高校と進んでいっても部員たちの「ホーム」としてサポートしていま す。入部希望者は体験練習もできます。

http://www.k4.dion.ne.jp/~yagi-fc/index.html



その他関連機関リンク

橿原市地域学級(地域活性化推進事業)
http://www.city.kashihara.nara.jp/syakyo/tiiki-gakkyu/index.html



Copyright (C) MIMINASHI Gakkyuu.
All rights reserved.